頭が臭いのはカビのせいかも?!

 

 

女性が、男性の頭皮のにおいを、臭いと感じたことがある人の割合は、63%にものぼるんだそうですね。(2014年メンズスキンケア大学調べ

 

そして女性からみると、頭皮が臭う男性は「不潔」であり、「脂っこい」というイメージがあります。

 

良くないですよね、そのイメージ。

 

また、頭皮がにおう人は、フケも多く出る場合が多いようで、そうなるとスーツの肩にフケがたまっている・・・なんてことになって、余計にイメージ悪くなります。

 

 

でも気の毒なのは、そんな状態になっている男性は、本当に不潔なのかというと、そうとも限らない、という点なんです。

 

中には、頭のにおいや脂っぽさが気になって、人一倍頭皮をガリガリ洗っていたり。気を付けているのに不潔に見えているとしたら、可哀想だと思っちゃいますね。

 

 

洗っても洗っても、頭が臭い

頭がにおってても構わない、という人は、あまり居ないと思います。実際、頭が臭くて良い事なんて、何一つありませんし。

 

清潔にしておきたいと思って気を付けているつもりなのに、改善しないとしたら、原因の特定と対処法が、間違っているのかもしれません。

 

 

頭がにおう原因として、一番先に思いつくのは皮脂ですね。皮脂が多く、それ自体が臭っている、ということもあるし、ヘタをすると毛穴に詰まってしまって、ちょっと洗ったくらいでは落とせなくなったり。

 

毛穴に皮脂が詰まると、におうだけでなく、抜け毛や薄毛の原因にもなります。

 

臭い上に薄毛だなんて、絶対に避けたいじゃないですか。

 

 

頭皮がにおうと女性にモテないだけでなく、ビジネスでもマイナスにります。化粧品会社のアンケート調査では、初対面の人が臭いと感じた場合、マイナスの印象を受けると答えた人は9割近くになるとか。

 

臭いにおいをさせている人は、誰でもイヤだと思いますが、ビジネス上だと、それが仕事の評価にもつながってしまいます。

 

「周囲への配慮が足りない」「一緒に仕事をしたくない」という評価になる、というから、これもまた、大変な問題だと思います。

 

恋愛関係だけでなく、あらゆる人間関係に影響を及ぼす頭のにおいは、早く気付いて対処をしなくてはならないことだと思うんですよ。

 

そう思って、よく洗っているのになぜか頭が臭い・・・という場合は、洗いすぎて頭皮が乾燥しているのかも。

 

頭皮がヒリヒリするほど強くゴシゴシ洗っているとか、1日に何度も洗う、などしている場合はすぐにやめて、頭皮の乾燥を防いでみましょう

 

それで改善すれば、皮脂の過剰な分泌は乾燥のせいだった、ということになります。

 

でももし、どんなシャンプーを使っても、洗い方に気を付けても、頭の臭いのが改善しない、としたら、原因は別のことかもしれません。

 

 

カビが生えているのかも・・・!

男性の頭皮が臭う原因は皮脂が多いわけですが、ただ皮脂が多いというだけでなく、頭皮が炎症を起こしている場合もあります。

 

脂漏性皮膚炎と呼ばれる症状ですが、カサカサしたフケが多く出る、生え際がベタつく、赤みやかゆみが強く出る、などの特徴があります。

 

そして皮膚炎の原因は、実はカビなんですよね。

 

 

ヒトの皮膚には、常在菌が存在しています。悪い菌をやっつけたり、アレルギーを中和したりする働きがあり、頭皮にも、同様にいます。

 

でも、洗いすぎていたり、強すぎるシャンプーを使い続けたりすると、肌に必要な常在菌までが弱ってしまうんです。

 

それで、カビなど悪い菌が繁殖しやすくなるというわけですね。

 

カビが繁殖してしまった頭皮の特徴は、赤みや痒みのほか、大きなフケが出るようになる、というのがあります。

 

フケというより、毛穴の跡が分かるような、頭皮がそのまま剥がれたように見えるものです。

 

また、かさぶたを剥がしたような、硬いフケが出るのも特徴。

 

そんなフケが出るようなら、頭皮に菌が繁殖している、と考えていいでしょう。

 

 

ヒトの皮膚に繁殖する雑菌は、皮脂が大好きです。菌が皮脂を分解し、低級脂肪酸を発生させ、その酸が皮脂を酸化させます。

 

すると、過酸化脂質が作られ、頭皮のにおいが強くなる、という悪循環になるんです。

 

そうなると、頭はどんどん脂っぽくなり、ニオイもどんどん強くなってしまうんです。

 

そんな状態は、絶対に嫌ですよね。

 

もし、そんな状態になってしまったら、どうしたらいいんでしょう。

 

 

防カビと同時に、洗いすぎないのがコツらしい

まずはシャンプーの仕方を、変えてみる事です。

 

洗いすぎは逆効果です。皮脂はそもそも、肌を外的刺激から守るために分泌されています。過剰に洗いすぎ、必要な皮脂まで落としてしまうと、肌はバリア機能を失い、雑菌に弱くなってしまいます。

 

また、爪を立ててゴシゴシ洗ったりすると、皮膚が傷つき、免疫力を低下させてしまいます。

 

指の腹で頭皮をマッサージするように、優しくもみほぐすように洗い、少しずつ頭皮の状態がよくなれば、洗い方だけで改善できます。

 

 

洗い過ぎというほど洗っていないのに・・・ということなら、抗菌剤が配合されたシャンプーを使用するといいでしょう。

 

手軽に買えるものなら、持田ヘルスケアのコラージュフルフルスカルプシャンプーがいいと思いますね。

 

 

配合されている、ミコナゾール硝酸塩は水虫薬にも使われている、防カビ成分です。そういえば、水虫菌もカビの一種だといいますね。

 

抗酸化・抗菌成分でもあるピロクトンオラミンも配合されていて、まさにカビが原因の頭のにおい対策に、ピッタリって感じです。

 

男性用が主みたいですけど、女性用もあるんですね。

 

 

カビをやっつけて、頭皮の乾燥のしすぎを防げば、状態はきっとよくなります。

 

シャンプーを変えて、洗い方も変えて。あとは気を付けるとしたら、濡れた髪のまま放置しないことですね。

 

カビって、ジメジメしたところに生えるじゃないですか。それは頭皮も同じことなんですよね。

 

濡れた髪のまま寝る、とか最悪です。絶対やめましょう。

 

もちろん、生活習慣もできるだけ健康的にする必要がありますよね。暴飲暴食が続いたりすると、胃腸が弱って免疫力が下がりますから。

 

完全に頭皮が臭くなくなれば、好みのシャンプーに変えればいいし、少し時間はかかっても、ずっと頭が臭い臭いと悩まずに済みます。

 

毎日使うシャンプーを変えるだけで、悩みが消えるならこんないい事はないですよね。